たまりば

  日記/一般 日記/一般  東村山市 東村山市

耳をすませばの魅力って一体なんだろう??

すてきなアニメーション映画
スタジオジブリの映画として有名な「耳をすませば」はとてもすてきな作品です。
特に、「イバラード物語」の井上直久さんが参加されているのが、ぼくには大きな魅力でした。
実は、ぼくは「耳をすませば」は原作の柊あおいさんのコミックスを先に読んでいました。
だから、ぼくにとっての「耳をすませば」の印象は、まず第一に柊あおいさんの作品なのです。
その意味で、アニメ映画版の「耳をすませば」はあまりにも原作とかけはなれていて驚いてしまいました。
アニメ映画版の「耳をすませば」は完成度も高く、原作にない魅力に溢れています。
ぼくはもちろんこちらも大好きです。

特に、多摩丘陵の実際の町の景色の取材に基づいた描写は、
そこに育ったぼくにはとてもなつかしく、否応なく惹きつけられてしまうのです。



  • 同じカテゴリー(ジブリ)の記事
     耳をすませばのあらすじ (2010-09-01 12:31)

    Posted by dさふぁs. at 2010年11月30日18:02

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。

    コメントを書く

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



    削除
    耳をすませばの魅力って一体なんだろう??
      コメント(0)